スタッフブログBlog

人材不足は経営悪化に直結!!売り手市場の現代で、人手を集めるために必要なこととは?今まで応募が無かった企業やお店も応募の電話が殺到!求人で今すぐ実施できる解決方法を教えます!!

大企業・中小企業関係なく、ほぼすべての業界において人手不足が年々深刻化しています。

 

実際に、

といった悩みを抱えている採用ご担当者様が非常に多いのです。

 

特に、

●飲食・サービス業界

●運送・流通業界

●建築業界

●介護・医療業界

といった業界の人手不足は顕著で、
採用活動に悩んでいる企業様・お店様がほとんどではないでしょうか。

 

では、

そもそも人材不足によって引き起こされる問題とは何なのか?

そして、人材を確保するためにはどうすればいいのか?

今回は、人手不足に悩むオーナー様・店長様・採用ご担当者様に向けて、この2点について解説していきたいと思います!

 

 

人材不足によって引き起こされる問題とは?

 

人材が不足していると…

回転率が下がる
受注量を減らさざるを得ない

売上が下がっていく

人件費が出せなくなる

さらに人材が不足する

 

という悪循環に陥っていきます。

 

人が少ないということは、
今いる従業員1人あたりの業務の負担が大きくなります。
その状況が続けば、今いる従業員もどんどんと辞めてしまいます。

 

仮に、新しい人材が入ったとしても、ふと気づけば、新人に教える人間が居ません。
なぜなら、本来新人教育できる人間が辞めてしまっているからです。

教育に割ける時間もありません。
残った数少ない人材も、お店を営業することで手いっぱいだからです。

 

となると、「仕事は見て覚えて」となりますよね。

ですが、現代は、インターネットが発達して、情報が「タダ」で「簡単」に手に入る時代です。

働く人の考え方も、昔とは大きく変わり、

と、お客様気分で学びの姿勢がない人が非常に多いのです。

つまり、「見て覚える」というのは、
現代の求職者が求めている職場環境(当然、仕事を教えてもらえる)とのギャップが大きく、長く続かなかったり、離職に繋がってしまいます。

 

そうなれば、せっかく打った求人広告費も全て無駄になります。

 

このように、人が入らない・育たない・辞めていくという「人材不足」の負の連鎖が続けば、経営悪化や、最悪の場合は会社やお店を畳まないといけない事態にもなりかねないのです。

 

 

現代の求職者は、就職してもすぐ辞めていく!理由は…

そもそも!!

今は、どの業種においても、

「3か月続けば良い方!!」

と言われているくらい、人材の離職率が非常に高くなっています!!

 

これは、

少子高齢化で働く人口が少なくなり、
人を採用したい企業・店舗の数の方が、
仕事を求めている求職者の数よりも多い

=求職者1人あたりに対して、求人の数が1~2件以上ある状態

の、「売り手市場」であることが原因です。

 

 

求人があふれている現代だからこそ、

「ここがいやなら、次に行けばいい」
「別に、他にいくらでも求人はあるし」

簡単にやめてしまうのです!

 

 

一番大切なのは、いかに3か月続かせるか?ということ!

先ほど、現代の求職者は「3か月続けばいい方!」とお伝えしました。
それくらい、入社してから3か月までに辞める数が多いんです。

ですが、逆に言えば、

 

安定した経営を続け、利益を上げるためには、
まず大前提として、定期的に求人を打ち、常に人材を確保することが必須です。

その上で、「いかに3か月続かせるか」ということが最も大切になってくるのです!!

 

 

Answer株式会社は、
バイトルの代理店や、自社媒体として「JobSTYLE」という求人サイトも運営している、求人に特化した会社です。

 

これまで、求人最大手の媒体に求人を出しても全く応募が無かった企業様・店舗様も、
Answer株式会社が求人のサポート・アドバイスをさせていただいた結果、

と、喜びの声を多数いただいております!

 

これまでに培ったノウハウや実績で、
御社を人材不足解消に導き、結果として利益UPを目指します!

 

 

求人はAnswer株式会社にお任せください!!!

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。